気持ちの沈みやイライラは「更年期かなぁ?」と思っている方に共通してみられる特徴的な症状といえるでしょう。

 

このような症状は精神的症状と理解されていて、焦燥感、不安、精神不安定、不眠、物忘れ、これらの症状が表れます。

 

45歳〜55歳くらいでこのような症状が気になるようになったら更年期障害かもしれませんね。

 

更年期の症状とは50歳前後5年ほどの期間に見られる症状ですが、同様の症状や不調が20代、30代の女性を悩ませることがあります。

 

またその辛さを他の人には分かってもらえないというのも更に辛いところです。

 

これを若年性更年期障害と言います。

 

何より一番多い原因として、過度のストレスの溜め込みがあります。

 

通常の社会活動でのストレスが要因でホルモンのバランスが乱れてしまいます。

 

女性の社会進出の増加など、時代の移り変わりとともに、ストレスにさらされる女性が増えてきているからでしょう。

 

ホルモンのバランスを乱さないために、ストレスから遠ざかるように規則正しく生活をしていくことが大切です。

 

更年期障害を緩和するために、食事、サプリ、生活習慣の改善などの症状を軽くする方法がありますが、それらは個人差がとても大きく、若い女性や、男性にはわかってもらえないというのも辛いところであります。

 

心のイライラ感が増してしまうことも多く、家族や周囲の人に嫌な思いをさせてしまうこともありますから、本人やツラい思いをします。

 

症状が緩和されない、あまり状況が変わらない場合は、ツボを刺激する方法を試してみてはどうでしょう?ホルモンの分泌やホルモンバランスの改善を見込めます。

 

更年期障害は、更年期と呼ばれる40歳〜55歳に、卵巣の機能低下で閉経になり、その閉経が原因で、女性ホルモンが減ってしまって自律神経のバランスが崩れて、頭痛、イライラ、肩こり、腰痛、など、心と体の調子がくるってしまいます。

 

更年期はほぼすべての経験する期間であると言えます。

 

珍しいケースですが、更年期になってもその症状が顕著にならず、平気で過ごせる方もおられますが多くの方がなんらかの症状に悩んでいます。