更年期の数年前にプレ更年期を実感される女性もおられます。

 

症状を見ていきましょう。

 

めまい、息切れ、疲れやすい、頭痛、肩こり、唾液の量が少なくなるなどです。

 

原因として考えられるのはエストロゲンの低下です。

 

体や肌の水分量のバランス、新陳代謝は女性ホルモン(エストロゲン)が関係しています。

 

プレ更年期とうまくつきあっていくには、あまり激しくない運動、例えば、ウォーキングやストレッチなど気持ちよくできる運動がおすすめです。

 

アロマテラピー、半身浴、足湯などでリラックスすることはとても良いです。

 

今は更年期のことがタブー視されることなく、テレビに特集されています。

 

なので、50歳前後で、ほとんどの女性が不定愁訴に悩まされると思われています。

 

しかし、実際はほとんどの人が「少々の不調はあるが、普段の生活には不便なことはない」というレベルだそうです。

 

不定愁訴がひどく、日常生活がままならないのが「更年期障害」で病院での治療が必要な方は1割〜2割という調査結果もあるようです。

 

ですが、実際は治療を受けたくてもどこに行けばよいのかわからないという理由で診察してもらっていない方もおられるでしょう。

 

更年期かなという感じがあれば、婦人科で診察してもらいましょう。

 

小林製薬で製造販売されているエクオールサプリはヘスペリジンやテアニンなどの成分が入っていますが、定期購入で申し込むと初回だけ1350円(税込)で買えます。

 

2回目から以降ずっと10%オフの2430円になります。

 

定期購入は確かに便利ですが、3回は最低でも継続購入が必須だったりするので気を付けなければなりません。

 

とにかく欲しい場合は、そんなに価格差がないので、通常価格(2750円)で買ってみてもよいですね。

 

ですが、1カ月ではなかなか効果を実感できない可能性もありますから、小林製薬以外のエクオールサプリを飲み始めるのもよいと思います。

 

更年期の重い、軽いは気になるところであります。

 

よく聞くのは「母親の更年期がきつそうだったから私も辛いかも…」ということですが、確かに親子なので体質が似ているため症状が似る可能性があります。

 

しかし、血のつながりよりも影響する要素があります。

 

それはその人の人間関係や夫婦関係、家族関係などの環境の要因と、物事の捉え方、性格などのようです。

 

50代前にホルモンバランスが急にくずれることで、精神的、身体的に具合が悪くなってしまうことは、よくあるようです。

 

特に気を付けたいのはこれまでバリバリと仕事や家事をそつなくこなしてきた女性です。

 

できるだけ休養を取ってストレスを減らすように心がけましょう。

 

エクオールサプリを飲んでる女性が多いですよ。

 

更年期症状は、何か特定症状だけ、という一つだけの症状が怒る場合はほとんどありません。

 

仮に、いくつかの症状がないのであれば全身を全体的な診断をする内科か、専門の科がわかる場合は、その科で受診してもらいましょう。

 

更年期の症状とかぶる別の病気の症状も多くあります。

 

気分の落込み、倦怠感、疲れやすさなどの自律神経のバランスの崩れが要因のケースは、まずは内科を考えてみましょう。

 

更年期の症状は100種類以上ありますが、元はエストロゲンの低下をメインとしたホルモンバランスの崩れです。

 

エストロゲン低下の対策をすることで全体的に症状を抑えます。

 

ストレスが原因のうつ病が増えているそうです。

 

それとは別で、更年期に入るとホルモンのバランスがくずれ、それまで明るくおおらかだった人が、急に口数が減って暗いイメージになるというのも珍しくはありません。

 

SSRI(SNRI)という抗うつ剤は、ホットフラッシュにも有効で、更年期でうつ症状に悩んでいる方に処方されます。

 

心理テストを受けてみて、婦人科から心療内科、精神科を紹介してもらって相互に情報共有して治療してもらうというケースもあります。