命の母Aは漢方が入っている更年期の症状をやわらげる市販薬です。

 

小林製薬のエクオールのホームページに書かれていた内容ですが、小林のエクオールと命の母は条件付きで併用OKだそうです。

 

エクオールサプリを最初にサプリとして製品化したのは大塚製薬です。

 

エクエルという商品名で販売されています。

 

エクオールが大腸で産生できてるか?できていないか?がわかるために検査キット「ソイチェック」が販売されています。

 

4000円します。

 

全然リーズナブルではないです。

 

エクオールを作れる人か作れない人かが判明させるのに4000円は厳しいと思う場合はエクオールサプリを買う方が良いです。

 

50歳の前後5年くらいの期間にあらわれる更年期の症状ですが、同様の不調や症状が若い女性(20代から30代)を悩ませることがあります。

 

他人にはわかってもらいにくい体調不良なのですが、このような症状は若年性更年期障害と呼ばれています。

 

一番多い原因はストレスです。

 

仕事や育児、家事など、さまざまな要因でストレスを溜め込むことでホルモンのバランスが乱れてしまいます。

 

女性の多くが社会に出て働くようになった今の時代の変化とともにストレスを抱える女性が増えてきているのでしょう。

 

ホルモンバランスをおかしくないためにも、なるべくストレスにさらされないように規則正しく生活をしていくことが大切です。

 

現代病でもあるうつ病の方が増えているのはご存じでしょうか?それと別に、更年期にさしかかるとホルモンバランスが崩れ、今までは明るい性格だった人が、人が変わったように暗い感じになってしまうみたいなことが起こりえます。

 

抗うつ剤のSSRI(SNRI)は、ホットフラッシュにも有効で、更年期障害の症状でうつが強く出ている方に処方されます。

 

心理テストを受けてみて、婦人科と心療内科と精神科で対応してもらって相互にやりとりして改善を目指す場合もあります。

 

更年期障害の発生は老化によって発生するとも言われており、アンチエイジング効果や抗酸化作用のある物質も更年期障害を緩和するとして健康系雑誌でも話題になっています。

 

特に良質なプラセンタは、更年期障害だけでなく色々な医療や美容効果が立証されており、多くの分野で活用されるようになりました。

 

マルチビタミン剤、コエンザイムにも、アンチエイジング効果があるとされていて、更年期の症状を軽くしたいと思ってる方が利用してます。

 

ビタミンCには美容効果があるので、更年期の症状が軽くなると言われています。

 

不安感、落ち込みなどの精神面の不調が強く表れる場合は、月経の有無にかかわらず、精神科、心療内科での対応がよいケースがあります。

 

更年期障害という結果の場合は、心療内科、精神科、婦人科が連携しての治療をしてもらうのがベストです。

 

双方の情報がが共有されることで、患者の状態をより的確に把握でき、効果のある治療をすることができるからです。

 

じっとしていてもしんどいときは医師に相談して容体を説明しましょう。