不安感、落ち込みなどの精神面の不調が強く表れる場合は、月経の有無、重い軽いに関係なく、心療内科や精神科での治療が効果的なケースもあります。

 

更年期の症状と診断されるケースは、精神科、心療内科、婦人科で受けられる治療を、してもらうのが理想的な診療です。

 

双方の情報がが共有されることで、患者の調子や容体を正しく把握できて、効果のある治療をすることができるからです。

 

辛さに耐えられないときは、医師に相談することも効果的です。

 

ホットフラッシュやイライラは更年期を自覚している方に自覚症状のある特徴的な症状です。

 

これらは精神面の症状としてとらえられていて、感情を抑えられない、精神の不安定、不眠、物が覚えられない、などの気持ちの落込み、症状がみられます。

 

50代の前半でこんな症状が感じるようになったら更年期であると思って間違いないでしょう。

 

軽めの運動を続けることで、「頭痛」「イライラ」「肩こり、腰痛」「ほてり」といった、更年期の辛い症状の軽減効果ありと認識されています。

 

ですが、急に激しい運動は体調を崩してしまう原因になるのでやめておきましょう。

 

軽いジョギング、ウォーキングなど軽めの有酸素運動が良いというのが、専門医の正しい意見です。

 

女性の閉経の前後5年くらいを一般的に更年期と言われています。

 

その更年期の強い味方になってくれると注目されているのがエクオールです。

 

エクオールは特定の腸内細菌によって産生される物質です。

 

NHK、各民放の情報番組で特集されるたびに、品薄になるほどの人気の成分です。

 

エクオールが女性ホルモンのエストロゲンのような振る舞いをしてくれることで、女性ホルモンの急減に伴う乱れを正しくしてくれる感じの働きで、更年期症状をラクにしてくれるということで、ゆらぎ世代の女性に人気のサプリです。

 

とは言え、話題なのでエクオールを微々たる量を配合しているエクオールサプリもあるので、信頼できるメーカーのエクオールサプリを選ぶ必要があります。

 

更年期であっても、そうでなくても、そのときどきのコンディションによって些細なことが気になってしょうがない、ということはよくあります。

 

それが、精神的にも肉体的にも不調になってしまいがちな更年期であれば、よくわからない症状になって、思い悩む女性も多くいます。

 

悩みを共有できず、症状がますます悪くなるケースも多くあります。

 

一人だけで悩んでしまわずに、まめに心のデトックスをするには、カウンセリングはとても有効な治療になりえます。

 

更年期の症状を軽減するために、婦人科で更年期障害の治療を受けるという改善策がありますが、治療以外に改善策があるならどんな方法があるのでしょうか。

 

プラセンタ、イソフラボン、エクオールのサプリメントが販売されていますが、最近、テレビや健康雑誌で話題になっているのはエクオールのサプリです。

 

各メーカーから販売されていて、大手の小林製薬も「発酵大豆イソフラボン エクオール」という商品名で販売されています。

 

エクオール、テアニン、ブラックコホシュ、ヘスペリジンなど。

 

小林製薬の更年期市販薬と言えば、命の母がありますが、小林製薬のオンラインショップのページのFAQによると、条件ありですが併用も大丈夫なんだそうです。